石の種類について

パワーストーンと呼ばれる石の種類には、少なくとも150種類以上のバリエーションが確認できます。インターネット上のお店も含め、150種類以上の石を取り扱っているお店というのはあまり多くはありません。珍しい石が欲しいという方はまずお店のホームページからどんな石があるか確認したり、直接話を聞いてみるといいかもしれません。

こちらには更に詳しくパワーストーンの種類や効能について掲載されているので是非お読みください。http://thetorrentsource.org/

石の種類そのものは150種類以上ありますが、そこにさらに変化を加えるものがカットの方法です。パワーストーンのブレスレットというと丸い石が円形につながっているイメージがありますが、実はさまざまなカットの方法があります。


バラの花をイメージした「ローズカット」、永遠の魂を表現する「ロータスカット」、よりアクセサリーに近いラウンドカットや、お子さんにも気に入ってもらえそうな「ハートシェイプ」などはとてもポピュラーです。ほかにも、石そのものの形が活きる「タンブルカット」エスニックな雰囲気のパーツが作れる「勾玉」などもあります。


そのようにしてさまざまな形にカットされた後は、石のそれぞれの「彫り物」が施される場合もあります。彫り物は主に四神や七福神、梵字、干支、その他アルファベットなども人気があります。願いの種類やストーンを身に付ける目的によっても、彫り物の内容は異なります。


150種類もの石の中から、自分にぴったり合ったものを選ぶのはなんだか大変そうですが、逆にいえば「自分と相性の良い石」を見つけた時の喜びも大きいですし、石に愛着が湧いてきてますます活力やパワーがみなぎってくることでしょう。石の持つ効果や好きな色、あるいは直観でピンときたものなど、選び方は個人の自由。店員さんのすすめにしたがっても、あるいは全て自分の意志で決めても、それが一番相性の良い石だといえます。


もちろん、石だけでなく周辺の金具部分や石のカット方法。さらには彫り物の有無などにもこだわって、世界に一つだけのオリジナルパワーストーンアイテムを手に入れてみてはいかがでしょうか。

銀のパワーストーンについても興味深いです。