世界三大パワーストーン

男女問わず、大人から子供まで広く人気のパワーストーンには、特にヒーリング効果が期待できるとされる「世界三大ヒーリングストーン」と呼ばれる石があります。「ヒーリング」と題されているだけあって、心の均衡や周りとの調和を図る後押しをしてくれる石ばかり。


以下に、3種類の石について紹介いたします。


スギライト

スギライトは20世紀以降に発見された新しい石です。瀬戸内海の岩城島で日本人研究者・杉健一教授によって世界で最初に発見、1976年に新鉱物として認定されました。スギライトは濃い紫色をしていますが、エネルギーそのものがかなり強く個性の強い石であるとされます。色の濃いものほどクセが強い傾向がありますから、スギライトをブレスレットにしようと思う方はまず石を持ってみたり触ったりして、相性を調べてみることをおすすめします。感情の変化が激しい人やインスピレーションを高めたい人、霊的なレベルでの成長を望む人におすすめです。


ラリマー

ラリマーは、カリブ海の島、ドミニカ共和国から産出される水色の石です。発見されたのは1974年と、これまた歴史が浅い新しい石です。カリブ海をイメージさせてくれるさわやかな水色は、「愛と平和」を象徴するものと考えられており、所有者の心の均衡を保ちながら愛情を育んでくれます。さらには創造性やインスピレーションを高めてくれる効果もあるので、芸術的な勉強、仕事をしている方にもおすすめの石です。穏やかな「海」のパワーを得たい方は是非、ラリマーを身に付けてみてはいかがでしょうか。


チャロアイト

スギライトと同じく紫色をしているチャロアイトは、魔法使いの持つ石のように見えますが「癒し」の力に特化しているとされています。水晶のように浄化作用も強く、恐怖や不安などの精神的苦しみを癒してくれるものであると言われています。マイナスエネルギーを受けやすい方やネガティブ思考に陥りやすい方、もっと心穏やかに過ごしたいという方にもお使いいただける石です。