どちらの腕につけるか

パワーストーンを使ったブレスレットは今や世界中で人気のアイテムですが、正しいつけ方について知りたい方もいるのではないでしょうか。


右と左のどちらの腕につけるのが一番望ましいのかという質問ですが、明確な答えというものはありません。作業や勉強がしやすい腕に身に付けておけばOKです。


ただし、左右の腕にまったく意味がないかというとそうではありません。利き腕は基本的にパワーを放出する力が強く、反対の腕はパワーを取り込む性質を持っているとされています。周囲の人々や環境、置かれている状況に対して自身の持つパワーを放出したい時(前に進みたい時)は右腕にパワーストーンを身に付ければ良いですし、逆に癒しの力を得たい、心を落ち着けたいなど自分自身にパワーを向けたい場合は左の腕につけると良いでしょう。


また、そのような意味合い以外にも左手はエネルギーが入って来る所で、右手はエネルギーが出ていく所であると言われています。左から入って右に抜ける、と覚えておけば安心ですね。ですので、パワーストーンのエネルギーを感じたい時は右手ではなく左手につけるようにしましょう。右手はあくまで現状打破や勝負事、負けられない戦いに臨む時に使用したい手です。


石の種類としては、ヒーリング系や自分自身の心にはたらきかけてくれる石は左に・勝負運や仕事運など積極的な行動を促してくれる石は右につけるようにすると良いでしょう。


とはいっても、利き手が左の方や、右手につけるのが気持ち悪いという方もいると思います。我慢してまでパワーストーンのブレスレットを身に付けていると石の力を感じるどころか、邪魔なので外そう、という気持ちにもなるかと思います。肌身離さず身に付けるようにと言われても水を使うお仕事や作業の時は、濡れないように外す必要があります。というわけで、最初から左右どちらに身に付けるかについてこだわりを持ちすぎるのは避けておいたほうがいいかもしれません。