効果がないと感じたら

既にお手持ちのパワーストーンにあまり効果が見られなかったなら、なんだかちょっとがっかりしてしまいます。ファッションの一部やアクセサリーとして身に付ける目的で購入しているなら、特に効果がなくても問題はないかと思いますが、本当に願いを強くかけていて、それでも効果が得られなかったなら、もしかしてパワーストーンとは名ばかりなんじゃないか?と疑ってしまうかもしれません。


実際のところ、パワーストーンに定められている「効果」とは人間が主観的に決めているものです。よって、確たる証拠などはなく、誰にでも必ず効くというわけでもありません。また、ストーンによっては金運と勝負運を兼ねていたり、愛情運と家庭運を兼ねているような二重の効果を持ったものもあるため、どれを身に付けても変わらないのではないか?と考える方も少なくないようです。


ですので、パワーストーンはそれ自体に願掛けをしようとしてもあまり効果はないものと認識しておいた方が良いかもしれません。幸せはあくまでも自分の力で引き寄せるもので、行動を起こすのも自分次第です。石がメッセージを出してくれて、その通りに行動する訳ではありません。


しかしながら、ストーンを選ぶ際はやっぱり「質」も重視して選んだほうが確実です。たとえば、人工の石や染色した石をパワーストーンと勘違いして身に付けている方は意外と多いようです。


特に最近ではアジア圏の国々から天然石と偽った人工石が日本に入ってきているということもあり、天然石の見極めにそれほど慣れていない場合、簡単に手に取ってしまう可能性があります。もしも、怪しいお店で石を購入してしまったような場合は、効果を過剰に期待しても見返りはほとんど求められないと思ったほうが良いかもしれません。


パワーストーンそのものはふつうの石とは違う鉱物ですので、色やデザインに惹かれて購入することが一番現実的ともいえます。効果が得られないからといって落ち込むのではなく、あくまでアクセサリー感覚で身に付けていると良いのではないでしょうか。