ストーンの保管方法

パワーストーンは身近なお守りであり、アクセサリーでもありますが、なによりも「鉱物」であるという認識を持つ必要があります。ただの石やガラスではないため、日光や気温などによって変色したり変質するなどのトラブルが起きます。そのような自然的な現象を「不運な事の前兆か何か」と捉えてしまうことも有り得ますから、日頃から保管には注意しなければなりません。


家での保管方法は、小さなアクリルケースの中に入れてホコリが入らないようにしたり、保管用ケースの中にしまっておくのが確実です。わざわざケースを買わなくても…という方は、引き出しの中やアクセサリーボックスなどにしまっておけば良いでしょう。


もっと丁寧に取り扱いたい場合は柔らかい布地やタオル・ハンカチなどに包んでおいたり、暑いところを避けて暗所に保管します。日の当たらない暗所なら、石が変質することもなく、きれいな状態を保っておくことができます。


パワーストーンのエネルギーを保持するという意味では、水晶の結晶体である「クラスター」の上に置いておくのが良いとされています。水晶は他のパワーストーンを浄化してくれる力を持っていますから、パワーストーンのもつエネルギーをいつも良い状態に保ってくれます。


身近なところで持ち歩く場合は、パワーストーンが汚れたり欠けたりしないように専用の袋に入れておくとよいでしょう。パワーストーンは非常にデリケートな存在で、不潔な環境においておくとそれなりの効果しか発揮できないともいわれています。


ですので、常に清潔な保管方法を心がけるようにしましょう。スポーツをするときはもちろん、海や温泉など水に入るときは身に付けず、外して保管するようにします。腕時計やアクセサリーを扱う時と同じようにしてあげれば問題ないと思います。


パワーストーンはただのきれいな石、と考えればそれまでですが、石のパワーを信じている方にとってはお守りのようなものです。なので、適当に扱うのではなく丁寧に大切に取り扱ってあげたいものです。