高価な石と安価な石

パワーストーンを使ったアクセサリーが欲しいと思った時、お店ごとにストーンの価格が異なっている場合がありますね。一見、値段の高いパワーストーンの方が効果があるようにも思えるのですが、実際高いものと安いものの間に違いはあるのでしょうか。


パワーストーンなどの石は一般的に「色・輝き・ツヤ・透明度」などのコンディションが整っているかどうかによって評価されます。同じ石でもお店によってランクの付け方や基準が異なり、高く見積もられているお店もあれば安く見積もられているところもあります。


選ぶ際に大切なことは、決して見た目の良い石だけがすべてではないということ。石と人との相性は、グレードやレベルなどのランクによって決まるものではありません。まずは自分自身が「これだ!」と思った石を購入するようにしましょう。中には、極端にグレードを高く設定しているお店もありますので注意が必要です。


ストーンそのものの良し悪しを見分ける方法としては

これらの条件を満たしているものが良いとされています。この3点をすべて満たしているストーンの見た目はつややかで、まるで宝石のように美しいので、外見に見合ったものとして値段も必然的に高く設定されます。


しかし、これらはあくまで石そのものの価値であり、パワーストーンの持つパワーの強さや実際の相性とはあまり関係ありません。特にクラックが入っているものを敬遠される方も多いようですが、クラックはあくまで石が結晶化する過程で自然に出来たものです、決して不良品という意味ではありません。


ストーンの見た目が良くても、なんとなく直観で感じる相性というのは目には見えないものです。石の持つエネルギーを感じるのは自分自身であり、その石が自分に合うかどうかはご自身による判断となります。ですので、パワーストーン選びの際はある程度直観による判断を行っても良いかと思います。最近ではインターネットによる通信販売http://www.31engine.jp/も増えてきたので、選ぶときは慎重に行ってください。